毎日記事を更新する

検索サイトは最新情報が掲載されているページを高く評価する

SEOを重視したサイト運営を目指しているのであれば、独自ドメインを取得するのはとても重要です。しかし、独自ドメインでサイトを運営すればすぐに検索結果の上位に表示されるかというと、そんなに甘くありません。では、どうすれば検索サイトから評価してもらえるのかというと、できるだけ更新頻度を高めるようにしましょう。 検索サイトは優れたコンテンツを抱えているホームページを上位に表示するといわれていますが、実はコンテンツはさほどなくても、最新情報を掲載しているページも優遇することがあるのです。これは速報性を重視しているためで、たとえばスポーツ選手の名前で検索された場合、その選手の最新の試合結果を上位に表示することがあります。したがって、更新頻度を高めて常に新しい情報を書けば、検索サイトに優遇される可能性は高いのです。

古い記事を定期的にアップデートしているサイトは信用される

更新頻度を高めるということは、なにも新しい情報を次から次へと書かなければならないということではありません。以前書いた記事を定期的にアップデートすることも検索サイトの評価対象になります。なぜ、検索サイトは古い記事のアップデートを評価するのかというと、まず、アップデートした分、文字数が増えて内容が充実するからということが挙げられます。そしてもう一つ、アップデートされたということは、現状に即した記事になっている可能性が高いと判断するからです。 たとえばスポーツのランキングは、時間が経つにつれて変わっていきます。それなのに、ランキングについて書かれたページが何年も前からアップデートされていなかったとしたら、検索サイトは当然、「内容が古い」と見なして評価を落とす可能性が高いのです。